J.ブリーム バッハ リュート組曲 BWV.996/997


朝晩はぼちぼち涼しくなり、昼間の暑さはまだ残るがさすがに猛暑には至らず。夜半には盛大に秋の虫たちの大合唱だ。きょう週末金曜日は昼をはさんで都内某所で会議のため直行直帰の出張。帰宅後、どっと疲れてソファで爆睡。気付けば日付も変って…と、いつものフルコースだ。やれやれ。


R0012603 (480x480)   BWV997_FUGA (784x800)


やっと覚醒したところで何か聴こうかとアンプの灯を入れ、ひとしきり思案して、かれこれ1年近く前に手に入れた例のブリームのボックスセットからバッハの組曲二つが収録されている盤を取り出した。ギターやリュートの愛好家の間では、昔からリュート組曲という言い方をしていた組曲が4つある。この盤ではそのうち1番BWV.996と2番BWV.997が収録されている。1966年、ブリーム33歳のときの録音だ。
今でこそバッハの組曲を全曲取り上げることはごく普通のことだし、その演奏スタイルも歴史的研究の成果が反映され、普遍的な器楽曲として通用するようになってきた。しかし、60年代はまだそうした取り上げられ方は珍しかった。セゴヴィアもしかりだが、バッハの様々な曲を断片的に取り上げることが一般的だった。そんな中、60年代半ばにブリームが組曲として通して取り上げ、録音に残した功績は大きかった。これ以降、イエペスやジョン・ウィリアムスも4つの組曲をまとめて取り上げるようになり、録音も残すことになる。

あらための現代の視点でこのブリームの演奏を聴くと、やはりひと時代前のものだなあというのが正直な感想だ。いずれも闊達かつ美しい音で弾いているが、バッハを聴いているというより、ギターを聴いているという意識が強くなる。所々に出てくるギター的な表現、独自の音色やアーティキュレーションのせいだろう。それを悪いとは思わないし、一時代を成したという点においてこの演奏の価値は十分評価されると思うが、今日的にはもっと普遍的なバッハ演奏が可能だろう。


BWV.997からプレリュードとフーガを取り上げたヨハネス・モンノの演奏。普遍的な表現、よくコントロールされ抑制の効いた弾きぶり、音楽に感じ入った表情…実に素晴らしい。

プレリュード


フーガ



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはmichaelです
>ヨハネス・モンノの演奏
なかなかレベルの高い演奏ですね、ギターの味わい深さも聴かせますし。
隣の弦に触れないという点ではいわゆるアルアイレですが、弾弦の瞬間はアポヤンドと同じ入射角度になっていて、豊かな音がでていますね。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
そう、中々いい演奏で耳にとまりました。まったく力むことなく音が出ているように思います。リュート弾きのmichaelさんはよくお分かりの通り、演奏会場の響きがいいと、演奏者や楽器への負担はまったく違いますよね。このモンノのタッチも軽いようで、きっと必要なところは十分重みのあるタッチで弾いているでしょうし、会場の響きもそれと一体になっているように感じます。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)