川越で弾いてきた 2012年9月15日


きのう9月15日土曜日、予定していた埼玉県川越での内輪の発表会に参加してきた。折りしも午前中は隣り町のマンドリン楽団による出前演奏のイヴェントに参加。11時に終了後、そのまま高速を飛ばして川越まで向かった。連休渋滞の関越自動車道下り車線を横目に、上り車線を快調に進み、会場の川越市産業観光館には午後1時過ぎに到着。午後1時間半の開始に間に合った。先日の記事に記載したプログラム通り、今回の参加者は10名。ジャーマンテオルボ、バロックギター、19世紀ギターが2本、モダン10弦ギターが2本と、相変わらず川越での集まりには珍しい楽器を持った好事家が集まる。ぼくは今回モダンギターで参戦。例によって恥を承知で演奏動画をアップする。


IMG_0121_s.jpg  IMG_0426_s.jpg


◇ J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード・サラバンド・メヌエット
プレリュード後半の盛り上がりで大きなミステイク。楽譜をちょっと見失ってしまったのだ。先回7月15日のときの方がよかったかな。




◇ D.スカルラッティ/ソナタ イ長調 L.483
1週間前、加須市での演奏でテンポを速く取り過ぎて制御不能となったたの、今回はかなり安全運転。しかし、この速度ではこの曲の洒脱な軽さやコミカルな雰囲気が出ない。そのほかハイポジションへの移行でミス、弾き損じで間違えた音を繰り返した際にも間違えた等々悔いが残る。




◇ J.ハイドン/アンダンテ(バリトントリオから石月一匡編)
ろくに練習せずに臨んだ一週間前の加須市での演奏よりは、いくらかまともに弾けた。後半短調に転じてからの緊張感のあるフレーズで弾き損じのミス。演奏中にふと頭をよぎったアイデアを入れようとしてミスってしまった。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Bachを拝聴しました

演奏会、お疲れさまでした。ギターによるバッハ、やっぱりいいものですね。演奏する方も、やりがいがあるのではと思います。三連休は、暑さに負け、コンピュータのトラブルに巻き込まれ、無為無策の休日となっております。今日くらいは畑に出て、肥料散布でもいたしましょう
(^o^)/

拍手しました

与太さんご無沙汰しています
まずは自分の演奏を動画で公開する勇気に拍手ですね。
ギター歴数十年ベテランのたたずまいですね。
内容もアマチュアとしては充実していて良かったと思いますよ。
ハイドンのアンダンテ、楽器が良く鳴っていて、さすがハウザーと言った感じです。
スカルラッティはどう言うことか縮こまって不完全燃焼、おそらく普段はもっと軽快で優雅なんでしょうが残念です。
バッハ、編曲も調も違うのでまるで別物のようです。
え?「おまえも動画公開しろ」ですか?
ちょっと考えさせて下さい。
これからも楽しみにしています。

Re: Bachを拝聴しました

naekejpさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
バッハはどんな楽器で弾いても魅力が失せませんね。
深遠なバッハ像を追い求めるなんてつもりは毛頭なく、ただ下手なギターでその和声を楽しんでいるだけですが、まあそれなりに楽しいものです。
三連休は残暑厳しく、ダラダラと終わりました。いつものことですけどね(^^;

Re: 拍手しました

こだわりのギター弾きさん、こんばんは。
以前、自宅で録音を試みたことがあるのですが、ちょっとミスっては取り直しの繰り返しで、ゆっくり時間が取れればいいのですが、中々そうもいきまえん。一方こうした人前の演奏だと、一発勝負ですからミスったらそれまでですが、あきらめもつきますね。
こだわりのギター弾きさんの動画も楽しみにしていますよ。ぜひトライして下さい。

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)