ワルター・ビショップJrトリオ <SPEAK LOW>


当地北関東は土曜からきょう日曜の午後まで夏が戻ってきたかのようの天気となった。気温も30℃近くまで上がっただろうか。そんな中、台風が近付きつつあってきょう日曜の夕方から風雨が強くなってきた。ネットで進路予報をみるとどうやら当地の真上あたりを通過しそうな気配。これから夜半にかけてがピークらしい。
さて9月最後の日曜日、例によって野暮用少々の他はウダウダと一日を過ごす。あすから10月という日曜の夜、まだ寝るには早い時間。久しぶりにLP盤を聴こうと、レコードプレイヤーの電源に灯を入れた。


walter_bishop_jr.jpg   R0012655.jpg


ワルター・ビショップJrトリオによる名盤『SPEAK LOW』。1961年の録音。収録曲は以下の通り。

 1. サムタイム・アイム・ハッピー
 2. ブルース・スン・ザ・クローゼット
 3. グリーン・ドルフィン・ストリート
 4. アローン・トゥゲザー
 5. マイルストーンズ
 6. スピーク・ロウ

ぼくは決してジャズマニアではないので詳しい説明は出来ないのだが、このワルター・ビショップJrはバップ系ピアニストとしてデヴューしたもののあまりヒットに恵まれず、本作が最初で最後の代表作となった由。オリジナルのLP盤は大そうなプレミアムが付いて幻の名盤ともまで言われたようだが、今は復刻CDなら容易に手に入る。写真の盤はもちろんそんなプレミアム盤ではなく国内盤(懐かしいトリオレコード)の中古で、ディスクユニオンかどこかで千円程で手に入れた記憶がある。そんないわくのある盤だが、こうして後世まで聴き継がれているのだから名実共に名盤といってよい。スタンダードな名曲がスタンダードなピアノトリオで演奏される、ごくスタンダードな盤だが、何か気安さだけでないところがあって、その辺りが世に残った要因だとうか。

ワルター・ビショップJrはブロックコード奏法に長けていたというが、この盤でもそんな特徴がよく出ていて、モダンなコードをチョイスしながら、単なるバッキングに留まらないスィンギーなコードプレイを繰り広げる。さらにこの盤の売りはジミー・ギャルソンのベースだろう。第1曲サムタイム・アイム・ハッピーの冒頭からノリのよいはずむようなベースプレイ、第3曲グリーン・ドルフィン・ストリートでのアルコ(弓弾き)での長いソロ、そしてB面の第2曲、アップテンポのマイルストーンズでぐいぐいとアンサンブル全体をドライブしていく様、いずれ存在感十分で、この盤を単なるピアノトリオの終わらせていない。


アルバムのタイトルチューン<SPEAK LOW>



アップテンポの<MILESTONES>。バッパーの面目躍如。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)