チック・コリア/リターン・トゥ・フォーエヴァー


今朝は久しぶり冷え込んだ。週末にかけて寒波到来の予報。そんな中、きょうの車中リスニングにはこの盤を持ち込んだ。


DSCN0265 (480x480)  Chick-Corea.jpeg


1972年に録音され70年代のジャズ・フュージョン最大のヒット作となったチック・コリアのアルバム。あまりに有名な盤だし、ぼくら世代にはとりわけ懐かしくかつ見慣れたジャケットデザインだ。同時期にベストセラーになったリチャード・バック著「かもめのジョナサン」と記憶が重なる輩も多いだろう。アマゾンのサイトに上がっているコメントの多さからも、今でも広く聴き継がれている盤だと分かる。

このアルバムのリリース元であるECMレーベルは<The Most Beautiful Sound Next To Silence>「沈黙の次に美しい音」をコンセプトにしているという。コンテンポラリージャズの他にクラシック、特に現代音楽に積極的なドイツのレーベルだ。80年にアルヴォ・ペルトを広めたのもこのレーベルだった。
まったく予備知識なく、この盤をオーソドクスなジャズアルバムと思って聴くと少なからず驚くだろう。クラシックにそこそこ親しんだ人なら、明らかに現代音楽それもミニマルミュージックのアルバムと思うに違いない。コテコテのビバップはもう飽きた、その後の60年代フリージャズはやかましいだけだ…そう感じていた70年代初頭のリスナーに対するチック・コリアの回答がこの盤だということになるのだろう。

アルバムタイトルにもなり、のちにバンド名にもなった第1曲<リターン・トゥ・フォーエヴァー>はそれこそミニマル風の静かな出だしで始まる。およそ5分間、単調な和声とリズムを繰り返しつつ次第に高揚。一旦頂点に達したのち再び冒頭の静けさに戻る。これをもう一度繰り返して12分間の曲が終わる。ジャズファンよりは近現代のクラシックファンの方がストレートにこの音楽を楽しめるだろう。チック・コリアが弾くフェンダー・ローズピアノの音も今聴くとレトロで独自の雰囲気があるし、スタンリー・クラークのベースもスリリングだ。ぼく自身は第3曲の<ワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥデイ>だけがいやにポピュラリティが強く違和感を覚えるが、アルバムトータルとして傑出した盤であることにはまったく異論はない。
このジャケットを眺めながら「沈黙の次に美しい音」に相応しいタイトルチューンを聴いていると、あす目覚めたらかもめになって、悩みながらも空を飛んでいてもいいかなと思ってしまう。


タイトルチューン<リターン・トゥ・フォーエヴァー>



チック・コリアと上原ひろみの<スペイン>



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おお、懐かしい!

学生時代に、聴きました。今もCDで棚中にありますが、LPのほうがジャケットが大きくて、ずっと魅力的ですね。就職した頃には「My Spanish Heart」が流行って、これもLPからカセットにダビングして、関東平野を走る通勤の音楽となっておりました。
強烈な寒波で、昨晩は猛吹雪の中の帰宅でした。怖かった~(^o^;)>

Re: おお、懐かしい!

一度見たら忘れないジャケットの一つでしょうね。記事にも書いたように、<かもめのジョナサン>と完全に記憶が一体になっています(^^; この盤が流行った当時、学生真っ只中で、レコードを買うこともままならず、ジャズ好き友人の下宿で聴いた(聴かされた)のと思い出します。 まあ、昔の話になってしまいましけどね…
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)