コープランド バレエ音楽 <ビリー・ザ・キッド>、<ロデオ>


当地北関東内陸部は、ここひと月の低温傾向から抜け出したのが、きょうは一気に気温上昇。日当たり良好の拙宅(但し西日だが(>o<)…)はこれからしばらくは辛い時期だ。早々にエアコンの世話にならないといけない。週末に気安さで、昨夜からきょうの朝方にかけて、仕事の宿題に手を付けたり、ネットを徘徊したりとダラダラ過ごし、その余波できょうは昼間も何もやる気が起きずに無為な一日となった。青春真っ只中ならともかく、五十代終盤のオッサンが無為に過ごしても何のとりえも無い…嗚呼。


copland1.jpg   DSCN0839 (480x480)


夕刻になって、少し前からコープランドのレコードを取り出して聴いている。コープランドといったら<アパラチアの春>くらした思い浮かばない無知ぶりだが、この盤も以前激安箱買いした数百枚の中入っていたもの。これまで針を通した記憶がなかったので取り出した。1985年の録音。レナード・スラトキン指揮セントルイス響の演奏。収録されている二つのバレエ曲のうち<ロデオ>は全曲盤としては初めての盤だとライナーノーツの書いてあった。ぼくのように独墺系の後期ロマン派あたりまでしか聴いていない者よりは、吹奏楽分野の演奏家や愛好家にはずっと馴染みが深いだろう。

20世紀アメリカの代表的作曲家のバレエや劇の音楽というとバーンスタインの作品を最初に思い浮かべるが、コープランドもこうして聴くと中々に素晴らしい。12音技法の作品も書いているコープランド。いくつかの場面ではアメリカ大衆音楽を思わせる節も出てくるが、全体としては安直なポピュラリティーを狙っておらずシンフォニックで純音楽としての品位が高い。バレエ音楽ということもあって打楽器群の活躍が目覚しいし、管弦楽の響きも充実しているが、決してドンチャン騒ぎになっていないところいい。デジタル録音もこなれた時期の録音で、アナログ盤で聴いてもグランカッサを含む打楽器のダイナミクス、管弦楽の分解能も素晴らしい。久々に音量を上げたくなる一枚だった。


ビリー・ザ・キッドの組曲版。2011年タングルウッド・小澤ホールでの模様。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)