ヴァント&NDR響 ブラームス交響曲第2番ニ長調


9月もきょうを終わり。近年の様子では9月はまだ夏。ようやく秋到来というのが実感だ。古くからの慣習でいけば明日には一斉に衣替えということになるが、勤め人はまだクールビズ。昼間はまだまだ半袖姿も目に付く。
さて、今夜もことのついでにブラームスの交響曲を聴く。いつまでブラームスを…という向きもあるだろうが、手持の盤を次々に繰り出していると、交響曲だけで年内一杯続きそうだ。何しろ4曲揃いの全集だけで18種類あった。その他に単品アレコレ。まあ、好きな作曲家の筆頭なので…


wand2.jpeg  DSCN1592 (480x480)


ギュンター・ヴァント指揮NDR:北ドイツ放送交響楽団の全集盤から第2番を取り出す。1996年ハンブルグ・ムジークハレでのライヴ録音。ヴァント84歳のときのもの。
まったく隙のない緻密な演奏だ。曲の構成だけでなくNDR音そのものも一切の弛緩がない。フレーズの開始ばかりか、ピチカートの一つまでビシッと合ったアンサンブル。老境を感じさせないヴァントのテンポ感とバランスは抜群だ。第2番の曲想にあったやや明るめで張りのある音。それが単なる楽天的な響きに終わらずに、緊張と推進力をもたらす。長いフレーズももたれることなく先へ先へと進むが、前のめりの一歩手間に留まるので、腰高の感じはない。こういう演奏のあとに、例えばバルビローリとウィーンフィルの演奏を聴くと、なんと牧歌的で穏やかな演奏かと思い、またカラヤン&BPOと聴くと、アンサンブルの縦の線は一体どこにいったのかと思わざるをえない。加えて、ライヴのハンディキャップを感じさせない、細部とマスの響きを両立させた録音も素晴らしい。


きょうは第2楽章の聴き比べ。冒頭1分近くに渡りチェロが歌い、そのあとヴァイオリン群が続く。
ラトル&BPO



チョン・ミュンフン&ソウルフィル。この演奏を聴いていると、産業界ばかりかオケの世界もコリア勢に追い越されるのではと思ってしまう。



ムラヴィンスキー&レニングラードPSO。ゲネプロのモノラル録音。冒頭そして1分15秒あたりからの弦の美しさは絶品。



ハイティンク&コンセルトヘボウ。 ピアノ譜みながら聴きましょう。第2楽章は15分過ぎから。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そろそろ…

そろそろ、4番をお願いしま~す!
私の中ではいちばんなんです
秋の交響曲
諦観の交響曲
黄昏の交響曲…です!
…人生の

Re: そろそろ…

> そろそろ、4番をお願いしま~す!

はい、本日記事にしました。
もうちょっと肌寒くなってからが、ブラ4のベストシーズンですけどね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)