ブラン・カフェ  昭和歌謡;ニッポン・ウーマン


きのうの予想通り、きょう12月4日土曜日は朝から雲一つない冬晴れとなった。土曜日は隣り町渋川市のマンドリン楽団の練習日。きょうは「いいカフェがあるのでみんなでランチしましょ。」という団員のマダムYさんの提案で、練習前に同市郊外のブラン・カフェBlanc Cafeという店に行った。その名の通り外観も内装も白のおしゃれなカフェだ。予約としておいたぼくら8名をいれて店内はほぼ満席。今や日本全国、どんな田舎でも瀟洒なレストランやカフェがある時代になったと実感。人気メニューだというオムライスをいただいた。ご覧の通り、クリーム系のソースがかかっているが、中はオムレツにお馴染みのトマトケッチャプだ。実にあっさりしていて、すっと胃の中に収まってもたれない。カボチャのケーキとエスプレッソで仕上げて、充実したランチとなった。

榛名山を望む…赤城山・妙義山と並ぶ「上毛三山」の一つ   ブラン・カフェ

ブラン・カフェ   人気メニューのオムライス


さて、明日は日曜日という晩、グッとくつろいで昭和歌謡を聴くとしよう。取り出したのは「ニッポン・ウーマン」というタイトルのアルバム2枚。ジャパンでなくニッポンだったあの頃…とジャケットスリーブに書かれている。女性歌手が歌ったヒット曲や洋楽カヴァーを集めている。ざっと曲目をリストしてみよう。


ニッポン・ウーマン


<星;ベストヒット集>
1. 恋のフーガ(ザ・ピーナッツ) 2. 新妻に捧げる歌(江利チエミ) 3. 爪(ペギー葉山) 4. 愛するあした(伊東ゆかり) 5. 生きがい(由紀さおり) 6. あなたの心に(中山千夏) 7. 花とおじさん(島田祐子) 8. 世界は二人のために(佐良直美) 9. アカシアの雨がやむとき(西田佐知子) 10. 誰もいない海(越路吹雪) 11. 人形の家(弘田三枝子) 12. 逢いたくて逢いたくて(園まり) 13. 夏の日の想い出(日野てる子) 14. ワン・ナイト・ワン・キッス(青山ミチ) 15. この広い野原いっぱい(森山良子) 16. ダンスはうまく踊れない(石川セリ) 17. 片想い(中尾ミエ) 18. 時の流れに身をまかせ(テレサ・テン) 19. ねむの木の子守唄(吉永小百合)

<月;スタンダード集>
1. テネシー・ワルツ(江利チエミ) 2. 情熱の花(ザ・ピーナッツ) 3. コーヒー・ルンバ(西田佐知子) 4. 可愛いベイビー(中尾ミエ) 5. パイナップル・プリンセス(田代みどり) 6. ビー・マイ・ベイビー(私のベイビー)(伊東ゆかり) 7. グッド・バイ・ジョー(園まり) 8. 恋はスバヤク(青山ミチ) 9. 誘惑されて棄てられて(牧村純子) 10. ブーベの恋人(いしだあゆみ) 11. 青いカナリヤ(雪村いづみ) 12. 思い出のグリーン・グラス(森山良子) 13. 知りたくないの(佐良直美) 14. 夜霧のしのび逢い(波多マユミ) 15. 追憶(テレサ・テン) 16. ラ・ノビア(泣きぬれて)(ペギー葉山) 17. バラ色の人生(越路吹雪)


どうだろう、いま50代から60代の面々には、あぁそんな歌手いたよな的に思い出す、何とも懐かしい歌手と曲ではないだろうか。ザ・ピーナッツ「恋のフーガ」。作曲者すぎやまこういちが一聴してノックアウトされたという宮川奏のアレンジが見事だ。由紀さおり「生きがい」。高校1年のときだったろうか。…今あなた目覚め、煙草をくわえてる。早く起きてよ、バスが来るでしょう…別れた人を思い出す曲だという意味もわからず、ガールフレンドもいないのに結婚生活の甘い雰囲気にあこがれたものだ。由紀さおりは今も好きな歌手だ。ペギー葉山や越路吹雪のうまさにも聴き惚れる。西田佐知子「コーヒー・ルンバ」。今もMoliend Cafeというタイトルの原曲がラテンアメリカを中心に多くの人々に歌い続けられている。しかし西田佐知子の歌で聴くコーヒー・ルンバはラテンの陽気さとは無縁で、哀愁と感傷に満ちていて、いかにも昭和だ。今から40年も前のあの頃は何もわからず、特にいいなと思った曲ばかりというわけではないのだが、こうして今聴くとグッときてしまう。畑と田んぼだけだった田舎にも、おしゃれなカフェが出来る時代だ。結局、歳をとったということなんでしょうかね。嗚呼…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)