ジョン・フィールド ピアノ協奏曲第1番変ホ長調


春の訪れというにはまだ気が早いだろうが、いやに暖かい夜。
きょうは9時ちょうどの帰宅。ひと息ついてアンプの灯を入れ…と、変らぬというかマンネリの日々。このところ何を聴こうかとレコード棚の前で悩む時間がいっそう増えた。悩んでいるうちに半分聴いた気分になってしまうほどだ。さてきょうは…と、いつも通り物色していたら、こんな盤を見つけた。


john-field.jpg  DSCN2124 (560x560)


アイルランド生まれの作曲家:ジョン・フィールド(1782~1837)のピアノ協奏曲第1番。フンメルとのカップリング。フェリシア・ブルメンタールのピアノ、フルムート・フロシャワー指揮ウィーン室内管弦楽団。原盤ユニコーン。1972年8月と印刷されている日本コロンビアの盤。これも以前箱買いしたLP数百枚のうちの1枚だ。
ピアノ音楽を格別好んでいる向き以外でフィールドの音楽を親しんでいる人は少ないだろう。ぼくもショパンのピアノ曲で有名になった夜想曲という形式を最初に書いた作曲家という、まあどうでもいいようなトリビア的知識しかない。時代的には初期ロマン派というところだろう。19世紀初頭には欧州各地やロシアを旅して人気を博したようだ。

第1楽章は屈託のない曲想で始まり、ピアニスティックなフレーズにあふれている。終盤短調に転調するあたりは中々聴かせる。併録のフンメル同様、ピアノ・ヴィルティオーソ作曲家の創始と言われるのも理解できる。ただそれ以上の格別な深みは感じられず、世の中から忘れ去られても仕方ないかとも思う。第2楽章はスコットランド民謡風のフレーズで中々美しいなあと思いながらライナーノーツを眺めていたら、実際にスコットランド民謡「首都エジンバラの1マイル以内で」という歌に基づいていると書いてあって合点した。第3楽章はバグパイプを模した印象的なフレーズで始まり、快活なロンドとなる。世にあまり知られていないこうした曲を聴くのは、200年前のその時代をダイレクトに思い起こすようでもあり、いわゆる名曲のように手垢にまみれている感じもなく、中々味わい深い。


ピアノ協奏曲第1番



フィールドが創始者といわれるノクターン。第2番。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)