北欧の思い出 <2005年12月ストックホルム> 現地オケを聴く:ストックホルムフィル


夕食後PCに向かってネットニュースを見ていたら、ノーベル賞授賞式のためスウェーデンを訪問した、日本人受賞者のお二方の姿が出ていた。授賞式のあるこの時期を彼の地ではノーベルウィークと呼ぶらしい。仕事で北欧を何度か訪れたことは以前書いたが、きょうは2005年12月の思い出を記すことにした。実はこのとき2005年12月のスウェーデン訪問は、冬季に入って現地で発生した商品トラブルの対応だった。


◇ ストックホルムフィルハーモニー演奏会

商品トラブル対応で日本からの援軍待ちをしていたある日の晩、息抜きに現地のインフォメーションでコンサートを探すとちょうどその晩に宿泊しているホテル近くのコンサートホールで、かつてはフルトヴェングラーも客演した歴史を持つ北欧きってのオーケストラ、ストックホルム・フィルの演奏会を見つけ、当日券を買って聴くことが出来た。この頃から注目され始め、現在ロスアンジェルス・フィルハーモニーの音楽監督にまで出世した若手指揮者;グスターボ・ドゥダメルの指揮で、ブラームスのドッペル(ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲)とチャイコフスキーの交響曲第4番というプログラム。ブラームスのソロは、ヴァイオリンがダニエル・ローン、チェロがダニエル・ブレンドルフという若い兄弟が務めた。ブラームスの二重協奏曲は、大好きなブラームスの中でもとりわけ好きな曲の一つ。それを異国の地のコンサートホールに一人身を置き、ライブでは初めて聴くブラームスのドッペルを聴くことになるとは夢にも思わなかった。ドゥダメルの指揮は、熱血あふれるもので、特にチャイコフスキーは終始熱くオーケストラをドライブして素晴らしかった。


当日のポスター  ストックホルム市街中心部にあるコンサートホール


ホール入口  ホール階段


ホール内部 開演前   ホール内部 席数1500程度か 響きはとてもよかった


◇ ストックホルム市街地点描

静かな海に映える市庁舎   この時期日の出午前10時、日没午後3時 これでも午後3時前


ショーウィンドウはどこもXmas   モーツァルトのトルコマーチを巧みに弾いていました  


◇ スウェーデン北部 シェレフティオの街
このときの出張では商品トラブルの現地確認とその解決のためスウェーデン北部のシェレフティオという小さ街の家庭を訪問した。ストックホルムから国内線で2時間。北緯64度を越える極寒の地で、金鉱開発で出来た街だということだ。天気に恵まれればオーロラが見られると言われたが、当日は夜から曇り、それはかなわなかった。


スウェーデン北部 シェレフティアの飛行場   現地で昔から使われているソリ

クリスマスを前に一般家庭の窓辺はいずこも飾付けが   スウェーデンの一般家庭の食卓

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

北欧の12月、ステキ~

ブラームスのドッペルというと思い出すのは、学生時代に隣町の某有名大学のオケに遊びに行ったとき、「ちょっと合わせようぜ」的にドッペルを弾いている学生がいて、初心者の私は衝撃を受けたこと。
その後楽譜も買いましたが、未だ遊びですら実現せず。

Re: タイトルなし

れーじんさん、こんばんは。
れーじんさんはヴァイオリンがチェロを弾くのですか? ちょっとドッペルを合せようかというのは、相当な腕利きかと。この曲はブラームスの曲の中ではシンフォニーに劣らず素晴らしい曲だと思います。出だしからして、もうぶっ飛ぶほどにカッコいい!
北欧の12月は二度経験しました。クリスマスの頃でしたが、明るくなるのは午前10時過ぎ、それも地平線に太陽がほんの少し顔を出す程度の弱い陽射し。そして午後2時過ぎにはもう暗くなり始めます。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)