ベーム&VPO ブラームス交響曲第2番ニ長調


今週も何とか一週間が終わった。月末までの納期仕事の目途も何とか立って休心。週末のきょう金曜日は勤務先の同僚の飲み会に付き合うことになった。とはいっても、例によって下戸のぼくはオチャケで一献。10時少し前に帰宅した。すでに日付が変る時刻だが、あすは休み。まあ、のんびりイコカ…


DSCN2217 (560x560)  DSCN2219 (560x560)


何度も同じようなことを書いて恐縮だが、何を聴こうかと、音盤棚の前でアレコレ物色するも定まらずに時間が過ぎることが多い。今夜もそんな展開だったが、このところがっちりとしたシンフォニーを聴いていないことに気付き、目が合ったベーム&ウィーンフィルによるブラームスの交響曲を取り出すことにした。70年代半ばに録音された全集盤。その中から今夜は第2番を。あらためてライナーノーツを確認したところ、この全集は1975年の5月と6月の初旬に、のべ10日間で一気に録音されている。1曲を2日間ほどで録っている勘定だ。
記事に取り上げておきながらナンだが、このベーム盤のブラームスは、発売当時から評価が分かれていた。ベームとしては晩年の録音で、しかもセッション録音ということもあってか、何となく日和見的で感興に乏しいという評も多い。この2番でも、同時期にベルリンフィルとのライヴなどで素晴らしい演奏を繰り広げているのをFMで聴いたことがあるぼくにとっても、比べるとこのウィーンフィル盤はどこか素っ気無く、予定調和的でスケールも小さいと感じてしまう。一方で、この第2番の2楽章などは素っ気なさがかえって寂寥感に満ちた響きを作りだしているようにも思えて、ベームの確信犯的解釈ではないかとも思ってしまう。
ウィーンフィルは立派な響きで、同時期のカラヤン&ベルリンフィルの録音とは、同じグラモフォン、同じギュンター・ヘルマンスでありながら、音の作り方がまったく違う。カラヤン&ベルリンフィルに比べ、このベーム盤はずっと響きがタイトで各声部の分離も良好だ。録音会場の違いはもちろん無視できないが、これはやはりベームとカラヤンの解釈の違いがはっきりと出ているといっていいだろう。カラヤンはグラマラスで個々の分離よりはマスのボリュームとエネルギー感が優先する。一方、ベームはずっと筋肉質で硬質な音楽構成を目指している感じが強い。長いフレーズ、短いフレーズ、いずれもことさらにレガートにつなごうという気配もない。今どきのブラームス演奏はもっと流麗かつドラマティック。こんな無骨な演奏は流行らないだろうが、今となっては貴重な解釈だ。


60年代後半の演奏だろうか。14分過ぎから始まる第2楽章の冒頭。1分間に渡って続くチェロによる長いフレーズは何度聴いても素晴らしい。



ラトル&BPOによる2楽章冒頭。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
私も以前はこの4枚組、持っていました、今はCDのみですが;
4曲ともきっちり筋金の入ったような演奏と、その特徴を捉えたようなきりっとした明細な録音に、針を下ろすたび、じっくり聴き入ったものです。第3番の終楽章も意外に豪快で好きですね。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
そうですか、同じ盤をお持ちだったのですね。私は発売当時ではなく、CD時代になりレコードが大放出期になった頃に中古レコード店で買い求めました。リリースされた当時は、録音セッションでのベームの悪い面が出たとも評されましたが、なんていうか、聴取に媚びないというか、こういう演奏スタイルは今では中々聴けませんね。

ブラ2!

ブラニ2、久しぶりに、懐かしく聴きました。
初めて弾くことになったシンフォニーがこの曲で、大学時代、下宿で音響設備がないので聴きたい、と書いてFM番組にリクエストして、見事採用されました。よい思い出です。
ベームの演奏、よかったです。

Re: ブラ2!

7de45さん、こんばんは。
そうですか、学生時代にブラ2をオケで弾いたのですね。うらやましい~。私が学生だったときも、大学のオケが2番を取り上げていて、生まれ変わったら絶対にギターなんてやらずに、オケの楽器を…と思ったものです。ブラームスの交響曲はどれも素晴らしいけど、特に2番は他の曲に比べて明るく大らかに歌うところが多く、これから初夏にかけてよく聴きます。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)