ミュンシュ&パリ管 ベルリオーズ 幻想交響曲


今週は暖かい日が続き、2週間前の大雪の名残りもごくわずかとなった。
週末金曜の晩。今週は中々ハードに働いたゼ…ふ~っ。きょうは少し早く7時半過ぎに帰宅。ひと息ついてアンプの灯を入れた。春の気配を感じる今頃になると聴きたくなく曲の一つにベルリオーズの幻想がある。どうやらきょうはその気分になるタイミングのようで、いつものように音盤棚で迷うこともなく、幻想のレコードを取り出した。


munch_charles.jpg  DSCN2239 (560x560)


シャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団による演奏。1967年録音。発売当時から名盤の誉れ高い一枚だ。手持ちのLP盤は昔から持っていたものではなく、数年前に例によって大阪梅田の名曲堂阪急東通店で(確かワンコインで)手に入れた。。
ミュンシュはフランスを代表する指揮者であったわけだが、フランスの指揮者という語感から想像するような、洒落て粋な感覚や透明な音色感、洗練されたアンサンブルといったものから随分遠い。もともとアルザスというドイツ圏とフランス圏と行ったり来たりした地域の生まれ、若い頃はライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管のコンサートマスターとして、フルトヴェングラーの薫陶も受けたミュンシュは、他の純粋なフランス系指揮者とは明らかに違う資質を持っている。実際この幻想や、同時期にやはりパリ管と残したブラ1などは、まったくもってドイツ的な演奏だ。ブラ1はフルトヴェングラーのステレオ盤かくやと思わせる演奏だったが、この盤でも第1楽章から重心のサウンドで、コントラバスのアルコは分厚く響き、ピチカートもバンッと威勢がいい。そのドイツ的な厚い音響イメージにラテン系らしい熱く積極的な感情の表出が加わる。そのコンビネーションがうまく機能したのが、この幻想の録音だ。
前半の3つの楽章はいずれもスケールが大きく、後半の2つの楽章は即興性にあふれた豪放な演奏。手持ちのLP盤で聴く限り録音も抜群によく、オケの距離感、各パートの分離、金管群や打楽器群の立ち上がりなど、いずれも素晴らしい音が楽しめる。今もってこの曲のもっとも優れた演奏の一つだろう。


1967年の幻想リハーサル風景とのことなので、この盤に関わる練習かもしれない。
http://youtu.be/h7aGvWlEBhw


ボストン響時代の幻想。最終楽章。



こちらも熱血漢:ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮によるデンマーク放響の演奏。ごく最近のものと思うが、ブルゴスも随分年を取った。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)