ドナルド・フェイゲン The Nightfly


ほぼ一週間ぶりに晴れ間がのぞいた一日。例年、梅雨入り早々に中休みになることも珍しくないのだが、今年はよく降る。当地関東では先週後半からずっとぐずついていたので、久しぶりの太陽に気分も少々ハイになった。加えて週末。今夜は夜更かしもOKだ。よっしゃ…というわけでアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


DSCN2512 (480x480)


ドナルド・フェイゲンのThe Nightfly。ちょっとポピュラー好きの輩なら先刻承知。1982年録音の名盤。アマゾンを覗くと、今もってレヴュー数も圧倒的であることから、三十年を経てなお聴き継がれていることがわかる。手持ちの盤は、10年ほど前に自由が丘駅の東急ストアに入っていた中古レコード店で買い求めた米国プレス輸入盤。海外盤とはいえ高くはなく、確か1500円ほどだったか。

ポピュラー好きでもアメリカンロック好きでもないぼくがこの盤を手にしたのは他でもない。このジャケットに一瞬にしてやられてしまったからだ。完全ジャケ買いの1枚。普通、オヤジのジャケ買いといえば、おねえちゃん、おねえさん、おばさま…まあ、そんなところだろう。しかしこのThe Nightflyのジャケットには異次元のカッコよさがある。4時8分を指す時計、RCA製のマイク、テーブルの置かれたソニー・ロリンズのアルバム、Para-Flux A-16 tonearmプレイヤー…。

この盤については多くのファンが盛んに語っているだろうから、ぼくの出る幕ではない。ひと言だけ紹介かねてコメントするとしたら、つまり当時考えられるポピュラー音楽の最も洗練されたエッセンスが詰まっているといったらいいだろうか。レゲエのリズムにのってさりげなく始まる第1曲I.G.Y以降、ファンク、R&B、フュージョン、ラテンロックなど、変化に富んだ曲が周到に練られたアレンジと演奏で繰り広げられる。そして録音も含めて完成度が極めて高い。勢いとノリで一気録りという安直さがまったくない。主役のドナルド・フェイゲンの他、バックはラリー・カールトン、マーカス・ミラー、ブレッカー兄弟など、その後現在までトップを走ることになるジャズ・フュージョン系ミュージシャンが固めていて万全だ。こういう質の高いポピュラーアルバム、昨今はあるのだろうか。


全曲。



アルバムタイトルチューン:The Nightflyのベース(byマーカス・ミラー)をコピーするお兄さん。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)