ベートーヴェン 弦楽四重奏第15番イ短調


お陰様で<クラシック音楽鑑賞ブログランキング>は引き続き1位をキープ中。クラシック音楽全体のランキングでも5位に食い込んでいる。だからどうしたというものではないが、ちょっとしたお楽しみということで、引き続きバナークリック<一日一打>よろしくお願いいたしまスルメイカwww。
さて、このところずっと管弦楽主体の曲ばかり聴いているような気がして、久しぶりに弦楽四重奏でも聴こうかと思い、どうせ聴くなら渋い曲調にしようと、ベートーヴェンの後期四重奏の盤を取り出した。ラサール弦楽四重奏団による後期作品集の3枚組(現役盤はこちら)。第13番から第16番が収録されている。今夜はその中から第15番イ短調作品132の盤を取り出した。1977年3月録音。


DSCN2768 (480x480)


ベートーヴェン弦楽四重奏の手持ちの盤では、バリリSQの全集、ウィーン・アルバン・ベルクSQの中期作品集(最初の録音)、それとこのラサールSQ盤の後期作品集がある。 ぼくの場合、ベートーヴェンのカルテットはそうそう頻繁に聴く曲ではないが、聴き始めるとやはりその深い内容と充実した響きに心奪われる。 一方で、後期作品ともなると、その規模大きさ、和声の複雑さ、そして曲調の深遠さから、およそエンターテイメントの概念からは遠く、そうそう楽しく聴く音楽ではなくなる。そんな中にあって第15番イ短調は、明快なメロディーラインや和声感、穏やかで心温まる緩徐楽章など、あまり深刻にならずに聴ける曲だろう。全5楽章中でも取り分け、素朴な舞曲調の第2楽章や教会旋法からなるコラール風の主題が清らかに流れる第3楽章、そしてアラ・マルチアの第4楽章から続く終楽章と、明快な短調主題とその展開にベートーヴェンらしさが聴ける。初めて聴いても心惹かれるだろう。総じてこの第15番は、深刻な曲調が多い後期弦楽四重奏の中にあって、過度な深遠さとは無縁と言ってよく、素直に充実したベートーヴェンの音楽が楽しめる佳曲。深まりゆく秋の宵に聴く渋いベートーヴェンのカルテットはまた格別だ。


全曲(但し第2楽章割愛)。<beethoven string quartet 15>で最初にヒットした演奏だが、中々素晴らしい。
クラシックギター弾きには経験できない音楽的感興。嗚呼…



第3楽章の終盤から、第4楽章・第5楽章。
長い第3楽章の終盤が静かに終わり、4分30秒からアラ・マルチアの第4楽章へ。6分05秒からレシタチーボ風の経過句を経て6分45秒から第4楽章。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

辛口のベートーヴェン

こんにちは。
ラ・サールのベートーヴェン後期SQは、
「峻厳」という言葉がこれほど似合う演奏も稀なほどに
厳しく鋭い崇高な表現を誇る名盤。
そこまでやらいでもと思わんでもありませんが、
稀有なる名演であることは確かですね。

個人的には「もうちょっと肩の力抜いたほうが人生楽しいよ~」
と言ってあげたいですが完全に余計なお世話です。

Re: 辛口のベートーヴェン

木曽のあばら屋さん、こんばんは。
そうですね、曲も曲だし、演奏の姿勢もあって、このLVB後期SQは早々安易に聴けません。バリリSQで聴くと、温厚なモノラル録音の効果もあって、心安らかに楽しめます。

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)