ベートーヴェン:弦楽五重奏曲 ハ短調 作品104


週末土曜日。朝のうち陽射しも十分あって、予報に反して好天かと思ったが、その後雲が出始めて冷たい風が吹きぬける一日となった。日中から野暮用外出で慌しく終わる。夜半を過ぎてようやく一服。このところの続きで室内楽をと思い、音盤棚の室内楽エリアを探索。こんな盤を見つけた。


Beethoven_Hornemann.jpg  DSCN2893 (480x480)


ベートーヴェンの弦楽五重奏曲を二つ収めたアルバム。スークカルテットにヴィオラが加わっている。1976年録音のチェコ:スプラフォンレーベルの一枚。手持ちの盤は1983年にミッドプライスで出たときの盤。今夜はその中からハ短調作品104に針を降ろした。
好事家の方はご承知の通り、この曲はオリジナルの五重奏曲ではない。原曲はピアノ三重奏曲 変ホ長調 Op.1-3。手持ちのこのLPの解説ではベートーヴェン自身の編曲と書かれているが、現在では他者の編曲によるものとされ、ベートーヴェンが僅かながら関わっている、というのが定説のようだ。
曲は4楽章からなる。第1楽章はベートーヴェンの名刺代わりとでもいうべきハ短調で書かれているが、原曲が初期の作品であることもあって、中期以降のような深刻な雰囲気はなく、冒頭はそこそこ悲劇的な開始ではあるが、展開の深さは程々。総じて短調調性のシンプルなフレーズが歌われる。第2楽章は民謡調の主題によるベートーヴェン得意の変奏曲。第3楽章は型通りメヌエットが置かれているが、軽やかな雰囲気はなく中々重厚な響きになっている。終楽章もソナタ形式で中身濃く書かれていて、充実した楽章だ。
楽譜を仔細に見比べたわけではないが、原曲のピアノパートをともかく弦楽に移植したものなのだろう。娯楽要素の高いサロンコンサート用の需要が多かった当時の音楽界にあっては、ピアノがなくても弦だけで演奏できるように、あるいは弦の得意な貴族向けに、といった要請から、本人作、他者作を問わず、こうしたアレンジが成り立っていたものと思う。先日の記事に書いた、P.J.ポッロのモーツァルトアレンジなどもそうしたものの一つ。原曲の持つ雰囲気を尊重しながらも、仲間内のアンサンブルで楽しむといった雰囲気が感じられる。


この曲の第1楽章。



原曲のピアノトリオ作品1-3の第1楽章。 ピアノが入ると、音楽が俄然色彩を帯びる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

初期ベートーヴェンの愉しみ

こんにちは。
この曲は知りませんでしたが、ベートーヴェンの初期の室内楽作品は、けっこう好きです。
弦楽三重奏曲とか、五重奏曲作品29とか、あと有名な七重奏曲作品20。
こういう肩の凝らない娯楽音楽もきっちりこなせる人だったんですね。
気楽に聴けますが、ハイドンともモーツァルトとも異なる個性がしっかり感じられます。

Re: 初期ベートーヴェンの愉しみ

木曽のあばら屋さん、こんばんは。
おっしゃる通りですね。それと中期以降のいわゆるベートーヴェンらしさは、20世紀以降に作られたイメージも要素として大きいと思います。19世紀初頭のウィーンには職業作曲が数百人いたということですから、当時のサロン用音楽の需要は相当多かったのでしょうね。もちろんベートーヴェンはそれだけに終わらなかったわけですが。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)