ハイドン <五度>


11月最後の週末土曜日。昼をはさんで気圧の谷が通過し、午後から天気回復。このところの関東地方はこの時期にしては天気が安定しない。そろそろ万全の冬型になって快晴の日が続いてもいい頃なのだが、前線が抜けたあとも南からの暖気が入ってきて、西高東低の安定冬型にはならない。この冬はどうなるのかしらん…
さて夜更けて音盤タイム。しばし棚を見回したが、これといって取り出す盤が決まらない。あまりこってりした曲を聴く気にもなれず、といってジャズの気分でもなくと思いつつ、ふと目を落としたところにあったこの盤を引っ張り出した。


haydn.jpg  DSCN2987 (480x480)


ハイドンの弦楽四重奏曲の中でもポピュラーな三曲<ひばり><セレナード><五度>が収められている。イタリアSQによる1965年の録音。手持ちの盤は1979年に同団の演奏が廉価盤でまとまって出たときのもの。思い起こせば社会人になった翌年。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスと聴き、更にブルックナーだ、マーラーだと生意気盛りだった学生時代を終え、そろそろ室内楽も聴かないと…おそらくそんなことを考えつつ手にした1枚だったに違いない。
B面のニ短調の作品76-2<五度>に針を落とす。序奏なしに題名の由来となった印象的な五度音形の主題が始まる。モーツァルト、ハイドン他、この時代の短調作品の響きはやはり素晴らしい。この曲に関しては、冒頭の主題こそ愁いを帯びているが、しばしば明るいメジャーフレーズへの転調もあって、第1楽章通じて決して暗さや悲劇性というイメージは強くない。第2楽章はニ長調のアンダンテ。かなり様々に転調を繰り返すが、総じて穏やかかつ明るいフレーズが続く。第3楽章メヌエットは、ヴァイオリン2本と、ヴィオラ・チェロが二手に分かれて呼応するようなフレーズが印象的だ。終楽章は簡素な構成ながらきびきびとして短調フレーズが決まり、まことに心地いい。ハイドンは弦楽四重奏を70曲以上書いているそうだ。全部くまなくは無理だが、もう少しまとめて聴いてみたいところだ。


タカーチSQによる80年代半ばの演奏。先鋭過ぎず甘すぎず、王道をいく演奏。



若い団体による第1楽章。 意欲的な表現満載だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

イタリア四重奏団のハイドン

こんにちは。
イタリア四重奏団のハイドン、いまCDで手にはいるのは
<ひばり><セレナード><五度><皇帝>を収めた1枚くらいのようです。
かつては人気団体でしたが・・・。
しなやかで明るいフレージングが爽やかな名演ですね。
私も以前こんな記事を書いたことがあります。
    ↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/italiano.htm

ハイドンの弦楽四重奏曲

若い頃は、ダイナミックな演奏を好んで聴き、ハイドンの弦楽四重奏曲の魅力を感じとることができませんでしたが、中年になってはじめて理解できるようになりました。たしか単身赴任の頃に、携帯CDプレーヤーをお供に散歩するとき、散歩のペースとハイドンの弦楽四重奏曲がよく合って、好んで聴くようになったと思います。今は、ハイドンを聴くきっかけになったナクソスのコダーイQのCDを少しずつ集めて聴きながら、全曲演奏を目指して活動している山形弦楽四重奏団の定期演奏会を楽しんでおります。「五度」、いいですね~。

Re: イタリア四重奏団のハイドン

木曽のあばら屋さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

イタリアSQが解散したのも、もう30年以上昔の話になりましたね。
今ではほとんど忘れられた団体ということでしょうか。
記事も拝見。中々リアルなドラマがあったのですね。プロとはいえ、
演奏するときどんな気分で弾いたのでしょうね…

Re: ハイドンの弦楽四重奏曲

narkejpさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
私もそうだし、私の周囲でも、中年のだいぶ過ぎてから、ハイドンの魅力にひかれているという輩がいます。いまだったら私自身、モーツァルトよりハイドンをとるかもしれませんね(^^;
山響メンバーのよる全曲演奏は素晴らしいチャレンジだと感心しています。おらが群響やいかに…

すごいんですね

木曽のあばら屋さんの、URLを読んでみました。
何においても、難しいのは人間関係かとは思いますが、国民性なのでしょうか。
出てくる音にも、何かしら影響があるはずですよね。

Re: すごいんですね

ナタデココさん、こんばんは。
数十名のオケなら、いろいろあるもの理解できますが、四人でね、しかも…
まあ、男女でなくても、メンバー同士の不協和音はジャンルを問わずあるでしょうが、演奏がいい方向へ向かう力にはならないように思いますね。
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)