高橋竹山



再び寒波到来。いつもは上越国境の山々でブロックされる雪雲が、きょうはその勢い止まらず、雪雲の末端が県南部の平野部まで押し寄せてきた。降雪には至らないが、時折空が掻き曇る。陽だまりリスニングと思い立ったが、明るい陽射しには遠い。そんな空模様を眺めてつつ、思い出したようにこんな盤を取り出した。


201802_高橋竹山


高橋竹山(1910-1998)の津軽三味線。1973年渋谷ジャンジャンでのライヴ録音。当時から高橋竹山の素の芸を優れた録音でとらえた名盤とされたもの(CD復刻されていないのかな…)。手持ちの盤は後年近所のリサイクルショップで手に入れた。さすがにいつものジャンク箱ではなく、レコードコーナーに収まっていたもの。 高橋竹山はもちろん、津軽三味線についても何も知らないに等しいぼくなどが、この盤について語るつもりはまったくない。しかし思うところあってこの盤を手に入れ、その音に触れたときの衝撃は強く深いものだった。


201802_高橋竹山2


高橋竹山の名が広く知られるようになったのは70年代になってからだろう。それも津軽三味線や民謡の世界だけでなく、広く音楽や舞台に関心を寄せる若い世代の共感を呼ぶうようなった。このジャンジャンでのライヴはその象徴的な記録だ。昨今ではロックやジャズとのコラボレーションもこなし、激しいパッションを表出する津軽三味線だが、この竹山の語りや演奏はそうしたイメージとは程遠い。

「三味線は叩くものはなく、弾くもの」と語った竹山。正確なビートは終始乱れることなく、それにのって中音域の旋律が太く歌う。そして高音域の装飾音のごとき細かな音がさりげない、しかし見事な指さばきで加わる。曲間で会場の若者たちに語りかける津軽弁。厳しく辛かったであろう生い立ちを飄々と語りながら、ときに笑いを誘う様にも、三味線から出る音同様に力任せでない、しなやかに心に訴えくる至芸を感じる。








■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

モーツァルト フルート協奏曲ト長調



冬の暖かい陽射し差し込む日曜の午後、モーツァルトのフルートコンチェルトを聴くことにした。取り出した盤は高校2年のときに買ったEMI系廉価盤レーンベル:セラフィムシリーズ中の1枚。バレエ音楽や現代曲を得意としたエフレム・クルツ(1900-1995)がフィルハーモニア管弦楽団を振り、独奏は当時のクルツ夫人だったエレーン・シェッファー( 1925-1973)が吹いている。


IMG_0450_201802111645199e6.jpg IMG_0453.jpg


この盤を買ったのはクラシックを聴き始めてまもない高校の頃。レコードが欲しくても中々買えず、この盤は協奏曲というジャンルで最初に買った1枚だった。久々に針を落としてみたが、ノイズもなく実にみずみずしい音がスピーカーから流れてきた。2曲とも様々な演奏で聴き親しんでいる曲だが、この演奏は実にフレッシュで爽やか。もちろん先鋭的ではなく、響きは常に柔らかくて穏やかだ。こんな日曜の昼下がりに聴くのに相応しい。若い頃はオーボエ協奏曲が原曲のニ長調のコンチェルトが好きだったが、最近はト長調の通称第1番の落ち着いた雰囲気が好ましくなってきた。他のクラリネットやファゴット、ホルンの協奏曲など、モーツァルトの管楽器協奏曲はいずれも屈託なく明るく穏やかで、いつ聴いても心和む。

安藤由典著「楽器の音色を探る」という70年代終わり頃に出た中公新書に、エレーン・シェッファーとピエール・ランパルの音を比較し、特に高音域の倍音成分に大きな違いがあることが示されていた。もちろんランパルの方が高次倍音のレベルが高く、それがあの輝かしい音色につながっているという内容だった。この盤でもそのことが表れていて、エレーン・シェッファーの音色は派手さはなく終始柔らかな音で実に好ましい。一方クルツの指揮はやや速めのテンポで、付点のリズムや躍動する音形のアーティキュレーションを明確に浮き立たせていて、この曲に若々しい曲想によく合っている。


ベルリンフィルの主席奏者エマニュエル・パユのソロがあったので貼っておく。
モーツァルトの生地ザルツブルクでの演奏。第1楽章。


こちらは原曲オーボエ協奏曲のニ長調のコンチェルト。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

<バズる美女>


戌年如月閑話休題。
ひと月ほど前、つまり年が明けた頃、スマートフォンを新調した。7年間使ったiPhone4から最新型iPhoneXへ機種変更。今どき7年間も使い続けるかぁスマートフォン…。小学生が大学生になっているわけだ。電話はほとんど使わないので、用途はもっぱら移動中のメールとネット徘徊、YOUTUBE。機能そのものは古い機種でもあまり問題なかったのだが、しかしさずがに通信速度は遅いし、カメラ性能は低いし、ということで重い腰を上げた。変えてみればやはり隔世の感有りで、今更ながら3GからLTEになった通信は安定して速度も格段にアップし、最新のアプリも制限なく使えるようになった。そしてカメラ性能も見違えるほどに向上した。


201802_Magazines.jpg


きょうは仕事帰りに立ち寄った本屋で雑誌を物色。
「バズる美女」というタイトルと物憂げにたたずむ表紙の平成美女に惹かれて月刊PENをピックアップ。レジに持っていくのが少々気恥しく、音楽好きで珈琲好き、美女はついでに…という言い訳を心で唱えつつ、他の2冊を上にのせてレジに差し出した。高校生の頃、桃色雑誌を買うときに数Ⅲ難問集を上にのせてレジに出す、あるいはこの歳になっても美女ジャケ買いのアルバムだけでは気恥しく、つい渋いブラームスの盤を一緒にのせてレジに差し出す。そんな感じを久々に味わった(^^


201802_PEN_2011FEB.jpg


食卓テーブルに上に雑誌を並べて、ほんのわずかな光だけでiPhoneXのシャッターを切ったがクリアに写る。撮像素子と画像処理エンジンの進歩に加え、光学的手ぶれ防止機構も入っているようだ。このところのブログ記事の写真もiPhoneXで撮ることが多く、もしかしたらすでに気付いていた輩がいるかもしれない。「バズる美女」の何たるかは、どうぞ書店店頭でご確認のほどを。そういえば月刊PENは数年前にも美女特集があった。2011年2月号。やはり2月、7年前。そうか、ちょうど先代のスマートフォンを手にした頃のものだったかと、妙な符合に不思議MAX。山下達郎のサンデー・ソングブック25周年特集のBRUTUSはポピュラーファンならずとも必見の一冊。ポップス半世紀の足取りエッセンスです。


月刊PENの平成美女もいいが、ぼくら世代にはやはり昭和の美女が…





■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

本邦初お目見え セバスチャン・ステンツェル作ギター



「与太さん、例の楽器が入ったので見に来ませんか」
恵比寿のクラシックギター専門店「カリス」の店主T氏からメール。昨年秋にお邪魔した際、「近々ドイツの珍しい楽器が入荷予定なので、入ったら連絡します」と話の出ていた楽器がようやく届いたらしい。他にちょっと気になった楽器があったこともあり、きょう都内での仕事を早々に切り上げてさっそくお邪魔することにした。


201802_SS.jpg  201802_SS2.jpg


ドイツ在住のセバスチャン・ステンツェルという製作家の手になる最新作。なんでも日本には今回初めて上陸したらしい。すでに欧州や米国(例のGSI)そして中国には紹介されているとのこと。ぼくも今回初めて聴く名前だった。ウェブサイトをみると相応のキャリアもあるし、ウードの製作でも有名のようだ。 表板はスプルースの色白美人。横裏はハカランダで裏板センターにメイプルの化粧が施されている。ロゼッタやヘッドのモザイクにも程々の装飾。全体に工作精度は高く、細部まで入念に仕上げられている。弦長650ミリで、ボディサイズ・重量とも中庸。ネックはVジョイント。表板のブレイシングは6本の扇形とのこと。6本というのはちょっと珍しいが、総じてオーソドクスに作られているうようだ。

店主Tさんが調弦しているときから、並々ならぬ音圧で店内に音が響く。手に取ってそろそろと弾き始める。低い方から高い方までひと通り音出ししてみると、どの音域も軽いタッチではじけるように鳴る。手元での響きも豊かで、少し響きが過多かなと感じたが、3メートル程離れて聴いていた店主Tさん曰く、明快な輪郭をもった音が飛んでくるとのこと。響きが多過ぎて、和音が団子になったり、音のつながりが不明瞭になったりということは無さそうだ。強いタッチにもリニアに音圧が上がっていく。一方で、タッチの軽重に関わらず軽く発音することと、手元での響きが豊かなことから、タッチによる音色の変化が少し付けにくいかなと感じた。もっともこれはぼくの技量の未熟さゆえが主因だろうが、今風のよく鳴るギターには共通した特徴ともいえる。総じて軽いタッチでも強い音圧が確保できることから、アルアイレ主体のタッチで運動性を重視し、音色の機微よりは音量のダイナミクスで曲を作る、現代風の演奏形態にはジャストミートの楽器だと感じた。また他の楽器とのアンサンブルでも威力を発揮しそうだ。大音量といっても、サイモン・マーティーのように楽器重量が通常の倍近くあったり、あるいはダブルトップの、音量はあるがやや単調な音色に違和感を感じる向きにも、基本構造がオーソドクスなこの楽器は受け入れられやすいかと思う。


右=ステンツェル 左=シュバルトケ 奥=レオナ
201802_SS3.jpg


さて本邦初入荷のギターに続いて弾いたのは、以前から気になってはいたものの出会うことがなかった、やはりドイツの製作家:ローランド・シュバルトケのギター。プロにも愛好者が多いと聞く。今回弾いたのは1999年作のもの。表板スプルースと横裏ハカランダ。特注と思われるロジャースのペグがヘッドに埋め込まれるようにセットされている。そして特徴的なヘッドデザインでシュバルトケ作と分かる。 先のステンツェルと弾いたあとにこのシュバルトケを弾くと、なんともホッとする音だ。低音域も高音域も音量は十分あるが、全体にスッキリとした鳴りと響き。特に高音の透明感ある音色ときれいに収束するサステインは実に美しく、タッチによる音色変化も付けやすい。最近弾いた中でもトップクラスの美しい音のギターだった。

長居は禁物と思いながら、ちらっと眼に入ったりスリムボディーの楽器も弾かせてもらった。80年代中庸の企画物とでもいうべきトーレスモデル:レオナギター。当時の日本の製作家数名によるトーレスレプリカの競作。今回のものは1983年中出治作のもの。レオナはこれまで何度か出会って弾いたこともあるが、今回のものは状態もよく30年を経て枯れた音色も中々魅力的だった。板厚薄く重量も軽いことから、19世紀ギターに近いような鳴り方で、ポンとはじけて短めのサステインで収束する。音量感も手元では十分にある。この楽器でコンクールに出ようというようなものではないが、座右において古典やタレガあたりの小品を楽しむには好適の楽器だと感じた。

性格の異なるギターを3本弾いたあと、恵比寿駅で買い求めて手土産に持参した御門屋の揚げ饅頭を頬張りながら店主Tさん&奥様としばし歓談。平日の昼下がりということもあって他に来店客はなく小一時間、静かに試奏の儀 in 恵比寿を楽しみ店をあとにした。


ステンツェル2017年作@米国ギター販売店GSI。


ローランド・シュバルトケ2005年作


製作家セバスチャン・ステンツェル


製作家ローランド・シュバルトケ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ベートーヴェン 弦四第四



北陸からは大雪の報。雪国だから…というレベルを超えている様子。彼の地で過ごした学生時代にも一度かなりの大雪に見舞われた。積雪は1メートルを超え、安アパート1階にあった下宿の窓も半分ほどは雪で外が見えなくなった記憶がある。そんな日の朝はカーテンを開けるなり「きょうも雪か」と自主休講を決め込み、四畳半の部屋で飽かずに音楽を聴いていたものだ。あれから四十年余。やっていることは大して変わっていない。 さてさて、そんなニュースを聴きながら本日も7時を少し回って帰宅。ひと息ついて、ふと思い出し、こんな盤を取り出した。


201802_LVB_SQ4.jpg


ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のメンバーを中心に構成された、その名もゲヴァントハウス四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏全集盤。1808年創設というから、オケ同様世界でもっとも古いアンサンブルの一つだ。数年前にリリースされ、ぼくはアマゾンで叩き売られていたのを見つけて昨年手に入れた。手元にあるベートーヴェン弦四は、バリリSQのモノラル盤全集LP、ABQの中期作品、メロスSQの後期作品がある。このゲヴァントハウス四重奏団の盤は、比較的新しい録音で何か全集盤リファレンスをと思い、手に入れたもの。今夜はその中から第4番ハ短調作品18-4を取り出した。フルートとチェロ両刀使いの知人が年頭のメールで、正月にこの曲で遊ぶ予定だと書いていたのを思い出したからだ。

ベートーヴェンの弦楽四重奏の中で初期作品と言われる作品18の6曲にあって、この作品はハ短調という調性とその曲想から、中期以降の作品につながる重要かつ優れた作品とされている。第1楽章冒頭から熱のこもった印象的なハ短調のメロディーで始まる。しかし中期以降のベートーヴェン作品に見られるような激しさや苦悩というのは違って、どこか若さとしなやかさを感じるハ短調だ。それは快活な第2主題や全体と通して長調フレーズも多いことによるのかもしれない。第2楽章はスケルツォと記されているがテンポの指示はAndante quasi Allegroで、最初に聴いたときメヌエット楽章かと思ったほどだ。しかし聴き進めるとソナタ形式で出来ていることが分かり、終盤にはフーガを付されているあたりは、スケルツォらしい自由さの表れかもしれない。続く第3楽章がAllegrettoの指示があるメヌエット。一聴するとこちらが方がスケルツォ風か。 終楽章はハ短調のラプソディックなフレーズが軸になるロンド形式。第1楽章同様、長調部分も多く、いわゆる「苦悩から勝利へ」というようなベートーヴェン公式は希薄に感じる。全曲を通してぼく自身の印象は軽みのあるハ短調。ベートーヴェンのハ短調作品に付いてまわる悲劇的要素はあまりなく、古典様式に軸足を置いていたベートーヴェンが次第にロマン派の扉を開けようとしている、そんな様子をうかがわせる曲。あまりシリアスにならずにベートーヴェンらしさを楽しむのいは好適な佳曲だ。


全4楽章


コンクールの覇者らしい若々しい演奏。1st prize winner of 2015 Joseph Haydn Chamber Music Competition。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

N・コスト<25のエチュード>



通勤車中で聴いた今朝の「きらクラ!」は、日本のブラジルこと当地群馬県大泉町での公開収録。ゲストにフルートの高木綾子とギターの大萩康司が出演。ぞれぞれのソロに加え、タンゴの歴史からカフェ1960や、遠藤真理・大萩康司でヴィラ・ロボスのブラジル風バッハなどお馴染みの曲が楽しめた。最後は恒例のサンバ・ブラジルで大団円。観客へのインタビューで九州大分から来ているという人がいて驚いた。

さて二月に入りきのうは立春。しかし寒波の波状攻撃が続き相変わらず寒い日が続く。それでも日中の陽射しは柔らかく、すっかり伸びた夕刻の日足は春が近いことを告げている。そんな中、本日も業務に精励。七時ちょうどに帰宅した。ひと息ついて、きのうから部屋に出しっぱなしの楽器を取って少々練習。こんな楽譜を開いた。


201802_Coste_Etude.jpg


19世紀古典ギター全盛期に活躍したギタリストで作曲家のナポレオン・コスト(1805-1883)残した<25のエチュード>。昔から中級レベルを終えて上級に差し掛かるアマチュアギター弾きの課題となる曲集。いくつかの版があるようだが、手持ちの楽譜は1970年前後に全音楽譜出版から出ていたもの(現在も入手可能)。小船幸次郎氏夫人の小船照子監修。かなり細かなアーティキュレーション指示が付されている。裏表紙に記された定価は250円。買い求めたのは高校二年の頃。当時に通っていた高校校門前にあって、野郎どもの空きっ腹を満たしていた食堂のラーメンや焼きそばが100円だった時代だ。

きのうきょうと全曲をあちこちつまづきながら通して楽しんだ。もっとも一般の曲ならともかく、練習曲をいい加減に通して弾いてはまったく意味がないのだが…。それはともかく、久々に弾いてみるとこの曲集を初めて開いた高校時代を思い出す。その時の印象は「なんて音符が詰まっているのだ!」ということだった。こうして見返してみると当時の印象をそのまま今も抱く。コストが活躍した19世紀半ばは完全にロマン派の時代。和声は拡大されつつあり、単純な旋律美よりは感情表現を載せたうつろう和声が求められた。それを反映するかのように、このコストの練習曲の譜面の多くが3声・4声の和音が省略されずに記されている。つまり中声部が立て込んでいて音符の数が多く、その結果左手の押弦の難易度が上がる。初見であたりをつけながら楽しむには、テンポ感を少し犠牲にして遅く取り、左手のポジショニングに注意しながら、付された和声を丁寧に拾っていく。そうするとコストが描いた和声にうつろいがよく感じ取れ、楽しめる。


多くの曲をYOUTUBEにアップしているエドソン・ロペス氏による演奏。第5番


第25番<タランテラ>


リシェル&ビスケット=スミスコレクションにある当時の出版譜。
こちら⇒http://wayback-01.kb.dk/wayback/20101028111526/http://www2.kb.dk/elib/noder/rischel/RiBS0987.pdf

愛媛県のギター指導者青木一男氏はこの曲集全曲を録音公開している。
こちらからどうぞ ⇒ https://www.youtube.com/playlist?list=PLD68A999104AC74BD&feature=plpp


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

コダーイ<ガランタ舞曲>



穏やかな日曜日。午後の陽射しが差し込む部屋でのんびりリスニング。音盤棚を見回していたらこんな盤が目に留まった。


201802_Kodaly_Galanta.jpg


コダーイの管弦楽を収めた一枚。フェレンチェークとブダペストフィルによる演奏。ハンガリーの指揮者ヤーノシュ・フェレンチェーク(1907~1984写真)は、フリッチャイ、セル、オーマンディー、ケルテス、ショルティ等、ハンガリー生まれながら祖国を去ってしまった指揮者多い中、生涯ハンガリーに留まって活躍した。ハンガリー国立管弦楽団やブダペスト・フィルハーモニー管を振って、フンガトロン・レーベルに多くの録音を残している。取り出したブダペスト・フィルハーモニーとのコダーイ管弦楽曲集もそうした録音の中の一枚。手持ちの盤は70年代の終わりに<バルトーク・コダーイ名盤1300>と称して10枚程リリースされた廉価盤の中のもの。1964年録音。コダーイのよく知られた管弦楽曲である<ハーリ・ヤーノッシュ組曲><ガランタ舞曲><マロシュセーク舞曲>の三曲が収められている。

ferencsik.jpg

<ガランタ舞曲>に針を降ろす。曲はレントの導入部に続いていくつかの舞曲が続き、最後にコーダでしめくくられる。ハンガリー西部の小さな村ガランタで、コダーイが子供の頃に接したジプシー楽団の音楽がベースになっているという。冒頭、比較的長い導入部から聴く耳をひきつける。憂いに満ちた弦楽群の続いて、クラリネットが郷愁を誘うメロディーを奏でる。大きくとらえると、ジプシー音楽あるいはそれを模した様式によくある緩急の対比がこの曲でもしばしば取り入れられている。先のクラリネットの他、フルートやオーボエによって奏される哀愁に満ちた旋律と、オケ全体でリズミックかつエネルギッシュに奏されるトゥッティの対比がめざましい効果をあげている。

フェレンチェークとブダペストフィルの演奏は、派手さや現代風の鮮やかさには欠けるものの、アンサンブルも音響バランスも十分練られているし、低音域の充実した録音状態共々、文句のない出来栄え。60年代という今よりローカリズムが強かった時代性もあって、演奏する側に、自分たちの音楽という自信と自負があるに違いないと、聴く側がそう思える時代の演奏であることも嬉しい。


1972年ロシア生まれのウラディミール・ユロウスキーがロンドンフィルを振った2012年プロムスでの演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)