ベートーヴェン交響曲第8番ヘ長調



梅雨入り以降、晴れ間が続いていたが、きょうは終日小雨が降ったりやんだり。この時期らしい一日だった。さてさて今月で一年も半分。公私とも可もなく不可もなく。淡々とした日々。きょうも程々に働いて帰宅した。 ところで先日、知人と話をしていた際、ベートーヴェンの交響曲で一番好きなのは何番かという話題になった。真剣に考えるほどでもない茶飲み話なのだが、ふと「今なら8番かな」と答えたのを思い出し。今夜はこんな盤を取り出した。


R0014154 (560x560)


サイモン・ラトルとウィーンフィルによるベートーヴェンの交響曲全集。2002年の4月から5月にかけ、ウィーンフィルの本拠地ムジークフェラインでライヴ録音されたもの。元々EMIから出ていたが、EMI身売りに伴い、ジャケットにはWARNER CLASSICSのロゴが入っている。このラトル&VPO盤はライヴとして短期間にまとめて録られたこと、またベーレンライター版が使われたことなどが話題になった盤で、例の石原俊著のオーディオ本でも、同著発売当時(2005年)のベートーヴェン演奏の代表として、またオーディオ的リファレンスとして取り上げられていたもので、ムジークフェラインの音響を生かした高音質でも評価されていた盤だ。
2年程前、ヨドバシアキバのタワーレコードで叩き売られていたのを見つけ、値段はともかく、日頃古めの録音ばかり聴いていて、たまには時流にのるものいいかなあと思っていたこともあって手に入れた。手元にあるベートーヴェン交響曲全集はかるく十種を超えるが、もっとも新しいのがジンマン&チューリッヒトーンハレ盤(1997-98年録音)、高関健&群馬交響楽団盤(1995年録音)あたりで、21世紀の録音はこの盤が唯一だ。今夜はその中から「今なら8番」ということで、7番と8番が収録されている盤を取り出した。

この全集はこれまでにひと通り全曲を聴いたが、ひと言でいえば、やはり面白い演奏だ。リリース当時、賛否両論大いに物議をかもしたのもうなづける。ウィーンフィルは極上の音響、ライヴのハンディキャップを感じさえない録音と仕上がり、そして何よりラトルの仕掛けがあちこちで新鮮な響きをもたらし、飽きさせない。そんな中にあって、第8番の演奏は比較的オーソドクスなもので、テンポ、解釈共に従来の演奏様式からそれほどかけ離れたものではない。ノンヴィブラート、短めのフレージングといったピリオドスタイルの片鱗もうかがえるが、過激なものではない。ウィーンフィルの明るい音色と、ラトルの明快な解釈が、この8番にはよく合っていて実に爽快。すこぶる前向きな気分になる。またこの曲でベートーヴェンが仕組んだギミックが明快に提示され痛快この上ない。


この盤の音源。第8番第1楽章。提示部が終わり、4分過ぎから展開部へ。特に4分45秒過ぎから1分間余りの佳境は、いかにもベートーヴェンらしい展開。単純な音形を執拗に繰り返しがらも、転調とディナーミクの変化とで緊張MAXとなる。

◆全楽章はこちら◆

洗足学園大の小編成オケによる演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

梅雨の晴れ間の軽井沢



梅雨の晴れ間をぬって軽井沢へ。当地からは車で一時間半程の距離。別荘をもてる身分ではないので、ちょっとしたドライブ&逍遥で気分転換。いまの時期は夏のハイシーズン前で人混み、渋滞とも少なく、天気に恵まれれば静かな散策が楽しめる。一年程前には旧軽井沢から少し離れた旧三笠ホテル跡を訪れている

昼前にのんびり出発して正午過ぎに到着。まずは腹ごしらえ。旧軽井沢銀座と称する通りを一本入ったところにある評判のいいカレー屋。都内の吉祥寺や荻窪にも店がある由。<本場>を標榜するが、香辛料等日本人向けに手心を加えていると思われ、誰にでも食べやすくマイルドな味だ。巨大なナンに驚くが、甘みもあってそれだけでも美味。五郎なら三枚はおかわりしそうだ。


R0014114 (560x560) R0014086 (560x560)

R0014087 (560x560) R0014094 (560x560)

R0014097 (560x560) R0014102 (560x560)


胃の腑も満たされたところで、ちょいとぶらぶら。天気晴朗なれど陽射し程々。心地よい風もあって快適。今まで歩いたことのない方向へ進むと、<室生犀星旧居>の看板を見つける。こんなところのこんなものが…という佇まい。古色蒼然とした昭和初期の別荘。室生犀星(1889-1962)晩年の昭和三十六年まで毎年夏をここで過ごし、かつては堀辰雄、萩原朔太郎、立原道造、川端康成らとの交友の場所でもあった由。入場無料にも関わらず、隅々まで手入れが行き届き、往時をしのばせる。


R0014123 (800x533)

R0014125 (800x533)

R0014131 - コピー (800x533)

R0014133 (800x533)

R0014135 (800x533)

R0014137 (800x533)

R0014139 (800x533)

R0014140 (800x533)

R0014142 (800x533)

R0014145 (800x533)


室生犀星と深い交友をもった当地出身の詩人萩原朔太郎(1886-1942)は音楽も愛し、みずからマンドリンやギターも奏でて楽団を作るほどだった。曲もいくつか作り、マンドリン独奏曲<機織る乙女 A WEAVING GIRL>はよく知られる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

レオ・ブローウェルのギター



週末金曜日。今週もボチボチやりましたよ。ふ~っ プレミアムなんたらでもないので、定時に退勤。帰宅後ひと息ついて、部屋の片付けなどしながら音盤棚を眺めていると、封を切っていない未聴盤を発見。ああ、コレあったよね、スマンスマン…とこんな盤を取り出した。


DSCN5916 (560x560)


レオ・ブローウェル(1939-)が弾く現代ギター作品集。1972年録音。手持ちの盤は数年前にタワーレコードが企画するヴィンテージ・コレクションとして出たときのもの。オリジナルは独グラモフォンで、初CD化かつ日本初発売とのこと。収録曲は以下の通り。

1. シルヴァーノ・ブッソッティ:ララ
2. モーリス・オアナ:もし朝日が昇ったなら・・・
3. ジュゼプ・メストレス・クアドレニ:ギターのための前奏曲
4. ジローラモ・アリーゴ:ギターのためのセレナード
5. レオ・ブローウェル:永劫の螺旋
6. クリストバル・アルフテル:コデックスI
7. フアン・ブランコ:コントラプンクト・エスペシアル III-c

レオ・ブローウェルはギター弾きにはお馴染みの名前…ではあるが、実際に作曲家・演奏家としての認知度はこの盤の録音された70年代辺りに比べると、昨今は低いのではないだろうか。 ブローウェルは1939年にキューバのハバナに生まれ、恵まれた環境の中で音楽教育を受けた。20歳でジュリアード音楽院に入って作曲法を学んでいる。ギター奏者としても幼い頃から父の手ほどきを受け、その後もイサーク・ニコラという名教師にもついて腕を上げた。16歳のときにはギター曲<組曲第1番>を作っている。作曲家と演奏家の二足のわらじを履いたブローウェルは60年代後半から70年代初頭にかけていくつかの録音を残している。<現代ギター作品集>と題されたこの盤は、ブローウェルがギタリストとして、また作曲家、取り分け現代音楽の作曲家として名を成し、高い評価を受けた時期に録られたものだ。

ギターという楽器はもっともポピュラーな楽器の一つだが、その多彩な音色表現や特殊奏法など、現代音楽の求めに高いレベルで応じるポテンシャルをもった楽器の一つといえる。今ではあまり演奏される機会のない収録曲はいずれも70年代初頭の、今と比べると現代音楽への指向がまだまだ力を持っていた時期のもので、そうしたギターの<意外な>一面を縦横に駆使して多彩な表現を聴かせてくれる。中ではモーリス・オアナの<もし朝日が昇ったなら>と、ブローウェル自作の<永劫の螺旋>がよく知られる。 60~70年代は現代音楽に傾倒したブローウェルだが、その後は調性感の強い佳曲も残し、<11月のある日><黒いデカメロン>は今どきのギター弾きにもよく知られる。残念なことにブローウェルは80年代に指を痛め、演奏活動からは身を引いてしまった。現在は指揮活動がメインのようだ。


この盤の音源でブローウェルの自作自演<永遠の螺旋>


ブローウェルの出世作ともいえる<舞踏礼賛> ストラヴィンスキーへのオマージュとして作曲されたという。現代のコンサートでもよく取り上げられる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ケンペのベートーヴェン



当地関東地方は昨日梅雨入り。きょうは朝方まで降っていた雨があがり薄曇りの一日となった。気温程々ながら湿度高く、雨の季節到来に相応しい。 さて、本日も実直堅実に業務に精励。七時ちょうどに帰宅。ひと息ついて、音盤棚を眺めていたら、棚の最上段にこんな盤を見つけて取り出した。


201706_Kempe.jpg DSCN5910 (560x560)


ルドルフ・ケンペ(1910-1976)とミュンヘンフィルハーモニーによるベートーヴェンの交響曲全集。70年代初頭の録音。この頃ケンペは指揮者としてのピークにあって、このベートーヴェン他、ブラームスの交響曲、ブルックナーのいくつかの交響曲、リヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲など、次々と録音を重ねていった時期にあたる。手持ちの盤は2000年に当時の廉価盤ボックスセットのラッシュをBrilliant_Classicsと競ったDisy_Classicsから出たもの。原盤はEMI。 この盤を手に入れた2000年前後はいま思うと恥ずかしいくらいに音盤を買い漁っていた。ベートーヴェンも同時期にかつての名盤が続々とボックスセットでリリースされたこともあって、我ながら完全制御不能な状況がしばらく続いた。このセットもそんな時期に手に入れたものだ。今夜は久々にボックスケースを開け、第3番変ホ長調<英雄>をプレイヤーにセットした。

第1楽章冒頭、Es_durの主和音が昨今の演奏を聴きなれた耳には驚くほど柔らかなタッチで響く。ハンマーを思い切り叩きつけるようなアインザッツが常態化している今どきの演奏の対極だ。テンポは当時の平均的な設定といったところだが、拍節のアクセントやフレーズの緩急の具合など万事が穏やかかつ中庸なためか、一聴してテンポが遅く感じられる。ミュンヘンフィルの音色も派手さはないが、録音状態は総じて良好。コントラバスの基音もしっかり聴こえてくる。 おそらく当時もそして今も、この手の演奏は「派手さのない」「滋味あふれる」「堅実な」…といった形容詞で飾られる。あの手この手を尽くし、聴き手を飽きさせまいとする演奏と比べたら、ツマンネェ~と一蹴されかねない演奏かもしれない。しかし、さすがに聴き手のこちらも馬齢を重ねたからか、この手の演奏のたくまざる奥深さ、味わい深さに十分反応できるようになった。流麗で、起伏に富み、爆発も嘆きも全開といった演奏にいささか食傷気味なった頃、こういう演奏を聴くと、飾らない昔ながらの中華そばに出会ったような感じを受ける。楽譜に忠実に、過剰な演出をさけ、調和を旨とし…そんなケンペのイメージがそのまま音になったような演奏。久々に聴いたが、心温まる英雄だった。


晩年の1975年、ストックホルムフィルとの<英雄>ライヴ。ミュンヘンフィル盤と比べ、少しテンポが遅いように感じるが、演奏全体の印象はよく似ている。


ベルリンフィルとのエグモント序曲。ケンペは50年代ベルリンフィルともいくつかの録音を残している。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

オーディオ小ねた Bluetoothスピーカ



アマゾン経由で注文していたBluetoothスピーカが届いた。


DSCN5904 (560x560)  DSCN5903 (560x560)


ソニーのSRS-HG1というモデル。
このところ夜半のリスニングはヘッドフォンに頼ることが多いのだが、ちょっとした音の確認にはスピーカから出る音が便利だ。とはいってもPCでYOUTUBEをチョイ聴きするたびにオーディオシステムの電源を入れるのも面倒なことがあって、かねてより手軽な小型スピーカが欲しいと思っていた。このカテゴリーでは数年前からBluetooth接続の小型スピーカが人気のようで、ネットの評判等も参考にして選んだ。写真のイメージでお分かりなると思うが、ちょうど500mLのペットボトルサイズ。重さは790gということだからお茶よりは少し重く、手に持つとズッシリとした感触がある。接続はBluetooth、USB、アナログライン、無線LANと多彩だが、主眼はBluetooth接続。手持ちの古いiPhone4、先日手に入れたiPadとも簡単にペアリングして音出しとなった。

ネットでは随分とよい評価も見られるが、まあ所詮は手のひらサイズのスピーカ。あまり過剰な期待はしない方がいい。特に左右に分かれた中高音を担当するスピーカの間隔は20センチに満たないことから、左右に広がるステレオイメージは乏しい。その点では左右独立したアクティブスピーカの方が断然有利だ。音質そのものは素直なもので、米B社のシステムに見られるような作為的な低音増強はなく、好感がもてる。もちろん<ハイレゾ>の派手なポップが付く商品だが、その辺りにはまったく関心も期待もなし。出力は片チャンネル12W。といってもスピーカ側の能率は相当低いと思われ、8畳程度の部屋ならまずまずの音量が確保できるという程度だ。このユニット2本左右に並べてステレオ再生するモードも持っているが、あえてこのユニット2本買うケースは少ないだろう。やはりこの手のスピーカの価値はバッグに入れて持ち運び可能で、ポンとどこにでもおけて、PC内蔵のものよりはまともに聴けるという辺りにある。楽器仲間との練習で参考音源を一緒に聴いたり、チョイ録した音源をその場で確認するような用途には格好だろう。


オーディオのポータルサイトでの評価はこんな感じ
⇒ http://www.phileweb.com/review/article/201703/27/2471.html






★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ムローヴァ&アバドのブラームス



このところ好天続きだった関東地方も明日から下り坂。ひと雨くれば、それを機に梅雨入り宣言だろうか。 さてさて、本日も堅実な勤労オジサンとして一日終えて安息タイム。久々に気合入れてガッツリ聴こうかと、こんな盤を取り出した。


201706_mullova.jpg  201706_mullova_JB_Vcon.jpg


ヴィクトリア・ムローヴァ(1959-)独奏によるブラームスのヴァイオリン協奏曲。アバド指揮ベルリンフィルがバックをつとめた1992年1月東京サントリーホールでのライヴ録音。手持ちの盤はかれこれ20年近く前にミドルプライスで出たときのもの。
何と言ってもまずムローヴァの音が美しい。この録音を残した1992年の翌年彼女はバッハ無伴奏のアルバムを出している。おそらくその後バロック音楽や当時の奏法へ傾倒する予兆とでもいうべき感覚が出始めている時期だったのではないか。控えめなヴィブラート、正確な音程と合せて清涼感のある音色だ。第1楽章、第2楽章ともテンポも総じてややゆっくり取り、終始落ち着いた弾きぶりで、熱く激する気配は微塵もない。それでも第2楽章での歌いっぷりなどは十分ロマンティックでブラームスの緩徐楽章として過不足ない。スタカート、テヌート、アクセントほかフレーズのアーティキュレーションは多彩かつ明確。ラプソディックな第3楽章も丁寧な弾きぶりと美しい音色は変らず。イケイケの単調さに陥っていない。

プライベートでもムローヴァといろいろとあったアバドが指揮するベルリンフィルはサントリーホールの豊かなホールトーンもあって終始余裕のある響き。第3楽章でティンパニが少々やかましい(この演奏全体のスタイルには)ことを除けば、この演奏の価値をより高めている。ブラームスのシンフォニックな作品への様々なアプローチがあるだろうが、この盤は後期ロマン派風の構えを感じさせながらも古典的な均整と現代的な美しい音色を併せ持つ素晴らしい演奏だ。


YOUTUBEにあったムローヴァの演奏。コメントによれば2012年2月と比較的最近の演奏。1978年チャイコフスキーコンクール;ピアノ部門の覇者で今はすっかり指揮に転向したミハエル・プレトニョフ指揮のロシアナショナル管弦楽団が伴奏を付けている。プレトニョフにもムローヴァにも思い出深いチャイコフスキーコンクールの会場であるモスクワ音楽院のホール。冒頭男性二人のロシア語による解説があり、演奏は5分過ぎから。第1楽章の出だしソロに入る前でムローヴァは1stヴァイオリンのパートを一緒に弾いている。う~ん、それにしても文句なしにカッコイイ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

iPad到着!



アップルストアに注文していたiPadが届いた。


DSCN5898 (560x560)


この春三月に出た新モデル。iPadにはかねてより興味をもっていたこと、家人が日常的に使っているiPhoneでは目が疲れるということもあって手に入れた。外に持ち出す予定はなく、宅内WIFI環境での使用のみ。それと今後どれほど使うかも分からないため、一番ベーシックなWIFI_32GBのモデルを選んだ。今回のモデルで随分価格が下がったことにも背中を押された。

自分用のコンピュータを初めて買ったのは1989年だったろうか。その少し前から国内のパソコンが出始めたが、ひと味もふた味も違ったマッキントッシュが欲しかった。当時はカタカナ職業御用達の感があって高嶺の花だったが、一体型モノクロモデルのPlusの後継機Classicが出て、ようやく手が届くようになった。当時9インチモノクロディスプレイのハイパーカードで遊んで狂喜乱舞したものだ。その後十年ほどマッキントッシュを使ったが、職場環境がMS-DOSそしてWindowsへ。持ち帰りの宿題をこなす必要もあってWindows機になった。ろくろく使い物にならなかったWindows2.1時代(多くの人は知らないだろうか…)から程々のヘビーユーザとなったものの、すべてに洗練を欠くWindowsは使っているときのワクワク感がゼロで、仕事上の必要がなくなったら、またマックに戻ろうと思っていた。しかしその後Windowsにすっかり飼いならされたのか、近年はそのこだわりも次第に失せ、まあWindowsでもいいかなとだいぶ鈍感になっていた。

…ということで久々のアップル機。とはいってもiPhoneを以前から使っているので、その延長線上ともいえるiPadはちょっと大きなiPhoneを手にしている感覚が強く、コンピュータというイメージは少ない。きょう昼前に届いて、ひと通り初期設定を済ませ、当面使いそうなアプリを入れて実戦配備完了。ネットやYOUTUBEの閲覧は写真のバックに写っている6年物のThinkPadよりずっと快適だ。オフィスソフトに相当するワープロ、表計算、プレゼンツールや動画編集ツール、それに音楽好きにはいいオモチャになりそうなガレージバンドも付いて4万円ポッキリは納得価格。ぼくの用途からいえば、ブログの駄文入力用に外付けBluetoothキーボードを付ければ完璧だろう。あとは現用のPCやiPhoneに入っている写真データ等のコピーあるいは共有が課題。iCloud、Googleフォト、簡易NAS等の利用を考えているが、どうも決定打が見当たらず思案中だ。


単純なループの曲なら作れそうだが…


ガレージバンドでこれくらい作れれば楽しい。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)